おすすめのクラウドサービスで導入/運用コスト削減


 
新しくサービスを立ち上げようとしているが、初期費用が回収できるか心配な方、
HW保守がそろそろ切れるのでリプレースを計画している方に最適なクラウド化プランを提供します。
初期費用物理環境クラウド
機器
(サーバ,NW機器,場所代)
4台規模 1,000,000円~
10台規模 2,500,000円~
20台以上 5,000,000円~
0円
回線引き込み1回線につき 50,000円~
HW保守機器代金の約5%~
(メーカーによる)
構築費用数十万円~小規模 0円~
(月額利用料金に含む)
※中規模からはご相談

 
サーバを買っただけで終わりではありません。
データセンター利用料、回線使用料だけ考えがちですが、サーバは機械なのでいつ故障してしまってもおかしくありません。
そのためこまめに監視を行い、定期的に保守サービスを受ける必要があります。
単純な故障だと待機系で運用しながら修理することもできますが、データの消失や老朽化による自然故障だと
その復旧やリプレースに莫大な金額と工数がかかってしまいます。
クラウド環境はそのうちHWの運用管理を全てクラウド事業者が担当するので保守期間や故障による出費を気にせず、
長く使い続けられます。
項目物理環境クラウド
合計200,000円/月100,000円~/月
サーバ設置場所代
(データセンターなど)
50,000円利用料金に含む
インターネット回線
(固定IP/ベストエフォート)
30,000円
ネットワーク機器使用料
(ルータ/LBなど)
20,000円
HW保守30,000円
運用/監視
(24/365有人対応)
70,000円0円~

※小規模Web・DBサーバ4台構成を想定


 
今まではせいぜい別筐体にしていたバックアップや待機系を離れた場所に置くことができます。
国内(東・西日本、北海道など)はもちろん、海外(アメリカ、ヨーロッパ、南米、アジアなど)にも
リーズナブルな料金で使えるようになりました。(※1)

また、サーバのイメージは二重三重、かつ離れた場所に保存されますので(※2)、
万が一災害で該当する地域で動いていたサービスが止まってしまっても、
すぐに他の拠点にイメージを移し、サービスを立ち上げることが可能になります。

※1. クラウド事業者より選択できる地域が異なります。
※2. 利用プラン、オプションによりSLAが異なります。


 
今の時代、会社ホームページとメールアドレスは必須と言っても過言ではありません。
無料のメールやブログでも良いですが、やはり自社のドメインが入ったメールアドレスと
ちゃんとしたホームページは会社の信用度にも繋がります。

でも起業準備でホームページやメールサーバなどを作る時間もお金もないのが現実。
CloudLinksでは、起業家向けに最小限の構成にしたシステムを提供します。
ドメインの取得からホームページの構築(※1)、メールサーバの基本設定(※2)まで
すぐに使える状態で提供しますので、もっと大事な仕事に集中できます。
項目基本パックオプションサービス
提供サービスドメイン取得
ホームページ(WordPress)構築
メールサーバ構築・管理(10ユーザーまで)
社内SNS(10ユーザーまで)
SSL証明書取得
メールアカウント管理(10ユーザー以上)
社内SNS(10ユーザー以上)
運用サービスメールの問い合わせに対応
※ただし、重大なセキュリティパッチは対応
基本提供SWのバージョンアップ
新規SWインストール
監視サービス基本監視(死活監視)
(対応は翌営業日)
24/365障害対応
※1. 簡単なコーポレートサイト又はWordPress基本ページに限ります。
   内容(文言、サービス内容、会社紹介など)はお客様が記入して頂くことにします。
※2. メールサーバの構築及びアカウント管理(10ユーザーまで)を提供します。